芳るにんにくのパワー

にんにくトッピングで料理をもっと美味しく

「にんにくは必ず家に置くようにしている」と言う方も多いのではないでしょうか。生の状態はもちろん、チューブ状のもの、パウダーなど種類もたくさんあります。
にんにくをスライスし、焦げない程度に油で炒めた「ガーリックスライス」は、トッピングとして色んな料理に使えて重宝します。おすすめはピザやパスタなどイタリアン料理にたっぷり振りかける方法です。カリカリの香ばしさや風味が加わって、味わいがグッと深まります。チーズ全般に合うので、チーズフォンデュの残りをパンに乗せ、ガーリックスライスをトッピングして焼くだけでお店の一品のような味になります。また、塩で焼いた肉や魚に、ブラックペッパーと一緒に振りかけたものは、大人好みで飽きのこない味になります。
すりおろしにんにくをラーメンにトッピングする方も多いと思いますが、カレーに乗せて食べる…と言う声も聞かれます。ラーメンやカレーは味が濃厚なので、にんにくの風味に負けないのでしょうね。味も香りも鮮烈なので、翌日に仕事や人に会う予定が無いときなどにいかがでしょうか。

にんにくのトッピングで進化する料理

にんにくは焼肉やサラダなどのトッピングとして優れ、食卓に欠かせない食材となっています。生の状態では強烈な匂いがありますが、油で揚げたものを使えば、素晴らしい芳香が特徴になります。この香りには芳香性の健胃作用があるために、カレーの材料として使う際には、極めて複雑な風味が生まれます。

にんにくはラーメンのトッピングとしても人気なのは、食欲を増進させる作用だけでなく、体を温める働きもあるためです。ネギと一緒に加えれば、温熱作用はさらに強まり、冷えきった体を芯から温めます。一緒に唐辛子も加えて、スパイシーな風味にすることもあり、楽しみ方は自由自在に変えられます。

にんにくをスープ料理で使えば、深い旨味が浸透して、他の食材の隠れた味を引き出します。ジャガイモなどのポタージュにトッピングすれば、歯ごたえのアクセントも加わり、味覚を刺激する美味しさに変化します。細かく刻んで炒めたものは、ふりかけとしてご飯にかけるだけでも、絶品の料理として楽しめます。

注目サイト

Last update:2017/7/3