芳るにんにくのパワー

にんにくを栽培して毎日元気

疲れた体に元気を与えてくれる、にんにく。
いろんな料理にも使えるので、重宝します。
自宅で栽培できたら、いつでも食べることができて嬉しいですよね。
にんにくはとても育てやすい野菜で、プランターでも育てることが可能です。
手もあまりかからないので、誰でも栽培にチャレンジしやすいのです。
その栽培方法は、まず球根をホームセンターなどで手に入れることからはじまります。
スーパーで売っている食用のにんにくは、発芽を抑制する処理がされているので、使わないのが無難です。
次に植え付けを行うのですが、時期は9月から10月が一般的です。
寒冷地ではもう少し早めでも良いでしょう。
植え付けが終わると、あとは玉が大きくなりだす春頃に追肥をします。
その頃になると花が咲き始めますが、玉の成長を妨げてしまうので早めに摘んでしまいましょう。
それが終われば、収穫の時を待つばかりです。
5月から6月頃、葉先が枯れて変色し始めたら収穫の合図です。
収穫後は風通しの良い場所に吊るして保管しましょう。
あとは思う存分、にんにく料理を楽しんでください。

にんにくを美味しく栽培

私たちが料理を作る中でよく使うにんにく。にんにくには、疲労回復や滋養強壮の効果が期待できる健康に役立つ野菜の一つです。そして、気温にさえ気を付ければ害虫や病気の心配もない、育てやすい野菜でもあります。
にんにくの栽培について考えてみます。栽培方法は、簡単です。9月から10月にかけて植え付けるのが適切です。準備は良い土を作ることのみで、種根は尖った方を上にして5・6センチの深さに植えましょう。冬の間、寒さが厳しい場合は寒さから守るためマルチや土寄せをすると良いでしょう。水は乾燥した際はたっぷりあげましょう。5月になると花が咲く前に茎の部分をおります。花に栄養を取られないように、ここは忘れずに行いましょう。そして、5月・6月下の部分の葉が黄色くなってきたら収穫時期です。収穫後はすぐに根を切ります。そして、風通しの良いところで乾燥させます。保存は、風通しの良い日陰で吊るしておきます。そうすることで、長く美味しく食べることができます。
このようにして、栽培されたにんにくは美味しく様々な料理を引き立たせてくれます。手間もかからず、簡単に育てて美味しく健康になりましょう

おすすめWEBサイト 5選

2017/5/1 更新