芳るにんにくのパワー

にんにくを使った簡単レシピ

にんにくは数ある食材の中でも、比較的長期間の保存が可能であり、また焼いたり炒めたり、更にはパスタやスープなどのアクセントとしても活用が可能な、様々な料理においてなくてはならない食材であると言えます。

今回はそんな万能食材を使って出来る、簡単なレシピを紹介します。

今回紹介するのは自宅で簡単に作れるにんにく味噌です。
スーパーなどでビン詰めにされて販売されているものを見た事があるといった方も多いかと思われますが、
実は簡単に自宅にて作れてしまう、ご飯や肉料理との相性も抜群の一品です。

材料はにんにくを二つと味噌を200グラム、砂糖を60グラム、ネギを1本、酒を大さじ1です。

調理手順としては、まず湿らせたキッチンペーパーでにんにくを包み、その上からラップで包みます。
そしてレンジにて700Wでおよそ2分間加熱、冷ましてから皮を剥きます。

次にそれを酒、砂糖、味噌と一緒に鍋へ入れ、中火にて加熱させ、煮ます。

次にみじん切りにしたネギを入れ、弱火で3分ほど煮ます。

これで完成です。そのままご飯や肉料理などにトッピングも出来ますし、余った分は冷蔵庫にて保存も可能です。
手間も時間もかからない、とても簡単なレシピです。

にんにくのおすすめレシピ

にんにくを使ったレシピは、男女を問わず大好き!と言う方も多いですよね。イタリア料理も常に人気がありますが、必ずと言っていいほどにんにくが入っています。
おすすめレシピは、色んな食材を混ぜて使える「アクアパッツァ」です。みじん切りにしたたっぷりのにんにく(5・6粒くらい)をオリーブ油で炒め、鯛やタラ・鮭など白身の魚を塩コショウして両面を焼きます。魚を取りだし、お好きな野菜(カラフルにすると綺麗なので、パプリカやズッキーニ・キノコなど)を軽く炒めたら、その上に魚を並べて酒と水をふり、蓋をするだけです。この時あさりやミニトマトを入れると、旨みと見た目がアップします。野菜や魚がたくさん取れるヘルシーな料理ですが、フライパンごと出せばとても豪華です。
にんにくをガツンと味わいたい!と言うときは、丸ごとじっくり揚げる方法があります。においも少なくお芋のような舌触りで、お酒のつまみにも風邪をひいたときにも最適です。つまようじを刺してみて、中まで通れば食べごろです。

Valuable information

最終更新日:2017/5/1