芳るにんにくのパワー

にんにくを調味料にして保存する方法

にんにくを購入して調味料にして保存する方法は、料理をする際にとても便利です。
まず、オイル漬けは簡単な方法で出来るので、便利です。
にんにくを刻んで、オリーブオイルに付け込んで冷蔵庫で保存をします。
炒めものやサラダのドレッシングにも手軽に使えます。
料理をする時に、毎回、刻んだりつぶしたりする手間もかかりません。

そして、しょうゆ漬けもとても重宝です。
半分に切って、全体が浸かる程度にしょうゆを入れて冷蔵庫で保存します。
こちらの方法は、刻んだオイル漬けよりも時間が経過してから使う方が、うまみがしょうゆの中に出て来ます。

どちらも、簡単に出来る方法であり、ひと手間かけて保存をしておくことで大量にあるにんにくを腐らせることがないのでとても重宝です。
空気に触れ続けていると生のにんにくは、カビが出やすいこともあるので、大量にある場合にはこのような方法でストックしておくのがお勧めです。

料理を作る際にも、手間をかけずに使えるので効率よく美味しく作れるようになるのも魅力です。

にんにくを新鮮なまま保存する方法

にんにくを新鮮なまま保存するには、そのままタッパに入れておくことでかなり保てます。
空気に触れることで、カビが生えてしまうことがあるので、タッパに入れておけばある程度は長持ちをさせることが出来ます。
普段、にんにくを炒め物の香味野菜として使う場合などには、この方法が簡単です。
しかし、旬の時期に購入をしたりすることでにんにくが大量にある場合には、調味料として使えるようにガーリックオイルやしょうゆ漬けにするのが便利です。
ガーリックオイルは、細かく刻んでオリーブオイルにつけておくとよりおいしく仕上がります。
一方、しょうゆ漬けは細かく刻まなくても良いので、ある程度の日数を置いてから使うとうまみが凝縮されてきます。
この保存方法であれば、冷蔵庫で長期のストックが出来るので便利ですし、いつでも手軽に取りだして使えるので料理もスピーディーに作れるようになります。
このように、にんにくの量に合わせて保存の方法を選んで作り分けをしておくとさらに役立ちます。

recommend

塾を若葉区の辺りで検討

Last update:2018/8/22