芳るにんにくのパワー

美容にも良い効能があるにんにく

にんにくは体に良く、パワーが出たり元気になる健康食品であるというイメージを持っている人がほとんどだと思います。しかしながら、ダイエット効果や美容い良い効能を持っていることを知っている人は多くありません。
にんにくには、ビフィズス菌の増加の補助を行う成分が含まれています。ビフィズス菌と言えば便秘の解消に必要な腸内善玉菌の一種で、この働きを活性化することでダイエットの天敵である便秘を改善することができるのです。
さらに、にんにくにはシミや肌のくすみを解消する美肌効果も期待できます。シミや肌のくすみは紫外線や電磁波、ストレスや喫煙など体内外から発生する活性酸素が酸化することによって引き起こされます。シミや肌のくすみの予防改善には、活性酸素の酸化を防ぐことが大切で、抗酸化力が高いと言われるにんにくに注目が集まっているのです。
このように、働き盛りの男性が好んで食べる印象がありますが、実は美容や体型の維持を気にする女性にとっても魅力的な食材なのです。ただし、何事も効果を期待するあまりに食べすぎたりするのはよくありません。過剰摂取することによって、胃もたれをしたり体臭や口臭が気になるようになる場合もあります。食べるときは一日に一片くらいをめどに摂取するのが良いでしょう。

疲労回復には豚肉とにんにくがオススメ!

体力を使うお仕事をしていたり、夏バテで疲労感を強く感じていたりするときには、スタミナを付けるために豚肉やうなぎ、レバーなどを食べるという方も多いでしょう。
豚肉を初めとしたお肉やうなぎ、レバーにはビタミンB1が豊富に含まれており、ビタミンB1には糖分の代謝を助けてエネルギーの合成を活発にすることで、疲労物質の蓄積を防ぐ効果があるといわれているので、これは理にかなったことといえます。
しかし、ビタミンB1は水溶性のビタミンなので、たくさん摂取しても使われなかった分はすぐに尿と一緒に排出されてしまうので、ビタミンB1が豊富な豚肉と一緒ににんにくを食べるのがオススメです。

にんにくにはアリシンというニオイ成分が多く含まれていますが、アリシンはビタミンB1と結びついてアリチアミンという物質をつくります。
アリチアミンはすぐには排出されずにビタミンB1を徐々に供給してくれるので、豚肉やうなぎの疲労回復効果の持続力を高めてくれるというわけです。
アリシンはにんにくの細胞が壊されるときにつくられるので、細かく刻んだり、すりおろしたりして利用するのがポイントです。
アリシンは加熱によって分解されやすい物質ですが、油で炒めることによって分解されにくくなります。
にんにくは炒めると食欲を増進させる香ばしさが出て肉の臭み消しにも最適なので、豚肉と一緒に炒めて食べるのもオススメです。

recommend

茨木市 歯科
リースバック情報

最終更新日:2018/7/5